ゃべりなたまごやきをプレゼントするならココ♪

おとなになって読み返してみても考えさせられることのある絵本です。今まで読んでた絵本の中では文章が多い方なので読んであげるのはちょっと面倒ですが、楽しい絵本なので満足です。子供に読み聞かせするのにはほどよく長く楽しいお話です。

こちらです♪

2017年04月29日 ランキング上位商品↑

ゃべりなたまごやき シリーズおしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ) [ 寺村輝夫 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

卵の大好きな王様の楽しいお話です。とってもかわいいお話です。届いてから良く一人で楽しそうに読み返しています。読んだ方のほとんどがおすすめする絵本です。久しぶりに読んだけどやっぱり面白いです。私自信はこの本の存在を知らなかったのですが!今回購入するきっかけとなりました。今度子どもが発表会でこの劇をするので購入。正方形っぽい形なので!他の本よりも大きいです。話は少し長いです。息子が幼稚園でこの絵本の劇をやるというので!購入してみました。続きが知りたくて購入☆オチがとってもおもしろいです♪絵が長新太さんということで購入。子供が幼稚園の発表会でこちらの劇をするのですが、他のクラスは「ねずみの嫁入り」「おやゆび姫」「つるの恩返し」と知っているお話なのに、知らない話だったので「どうしてだろう?」と思っていたのですが、先日リハーサルをみてきて、劇もミュージカル調でとても楽しいお話だったので、絵本も見てみたくなり購入しました。内容はとても楽しいお話なので、読んできかせてあげるぶんには小さい子でもオススメですが、文字数も多く、小さい字なので、自分で読むのは小学生〜大人向けの絵本の気がします。 内容は◎。こどもが学習している教材にお話が取り上げられていました。喜んでくれたようです。めだまやきから声がする場面の絵、私はお気に入りです。内容も子供が好きそうな感じで!擬音も楽しくてお勧めです。絵本を知らなかったので内容をしっかり読んでみたくて、クリスマスプレゼントの1つとして購入。子供の幼稚園の遊戯会でやった話で本人も大変気に入っている話しだったので購入しました。親からのリクエストで。私の場合!発表会の記念としての意味もありましたので!大きくなってもずっと読めて!子供のお気に入りの絵本になればいいなと思っています。「ぼくはおうさま」の中でも一番有名なお話だと思います。初版は1972年らしいですが!こちらは2008年6月刷のものなので!商品としてはとても新しいものでした。子供がお遊戯会でやったものです。絵も中々良い感じなので!お勧めです。久しぶりに読んだのですが!やはり面白いです。独特の色遣いが好きです。ページ数が200Pと書いてあり、絵本なのにそんなに!?と思いましたが、実際は24ページでした。そういうことだったのか〜!にわとりが卵の中に秘密をかくしていたのね(笑)イラストにもいろいろ発見があって(卵とかピストルとか)面白いです♪他の王様シリーズも読んでみたくなりました。幼少のころから読んでいる絵本で!とても懐かしく思って購入しました。子どもの頃大好きだった絵本を我が子に購入。こちらはすぐに発送して頂き!すぐに受け取れました。主人が子供の頃読んだことのある本だったらしく!懐かしいといいながら!子に読み聞かせていました。王さま自身の失敗をまさかニワトリが聞いていて、卵にメッセージが残っていたなんて!!ユーモラスな誰が読んでも心に残る名作です。。お気に入りの1冊になってくれるととても嬉しいです。長新太の絵も印象的です。ラッパの音が何種類かあって子供たちがよく真似をしていました。自分自身が子供の時に大好きだった絵本なので購入しました。